シアリスとは…

日本国内で認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類。

その中でもシアリスは、最も新しいED治療薬として注目されています。

発売以来世界100ヶ国以上で使用され、これまでの利用者は1,000万人以上と言われているED治療薬なのです。

2013年8月には世界シェア42%となり、最も売れているED治療薬になりました。

シアリスはヨーロッパで開発され、2002年11月に承認されました。翌年2月からヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで販売が開始され、同年11月にはアメリカでも承認されています。

シアリスが日本で承認されたのは、2007年の7月。その年の9月から日本イーライリリーより販売が開始されました。

ED治療薬バイアグラ・レビトラとは違い、投与後36時間まで有効性が認められており、体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けないのも特徴です。

例えば、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで長時間作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

シアリスの効果はどういったもの?

ED(勃起不全)治療薬のバイアグラ・レビトラでは効果継続時間が4~6時間で、食事の影響を受ける為、利用者の中にはED治療薬を服用するタイミングに気を使ったり、効果継続時間を心配したりする人が多いそうです。

その点で、シアリスは投与後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間までと有効性が長く、性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善する効果が認められているのです。

食事の影響を受けにくいのもシアリスのメリットで、服用時のタイミングや薬効が切れる前に性行為を終わらせなければいけないといった心配を大きく軽減することが期待できます。

シアリスの登場により、焦りやプレッシャーを感じることなく、EDに罹患する前のような自然体で受けられるED治療が可能になりました。

シアリスを服用する際の注意点とは…

●人によって、又はその時の体調によって吸収の速度が1~4時間と幅があります。

●飲んでから10mgで20~24時間、20mgで最大36時間位は作用します。1日の服用は1回とし、服用間隔は[10mg] [20mg]ともに24時間以上としましょう。

●従来のED(勃起不全)治療薬と同じでシアリスも食前の空腹時に飲むことをおすすめします。例えば19時から食事で22時くらいから性行為という場合は17時頃にシアリスを服用することで薬の効果をより引き出せます。やむなく食後に飲む時は脂っこいものを避け、あっさりしたものを腹7分目くらいにして食後2時間くらい空けてから服用するとよいでしょう。「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」などバイアグラやレビトラに比べて副作用が少ない分、効果もマイルドです。シアリスを長期間服用を続けることで体に抗体ができて効きに難くなるようなことはありません。ただしEDの要因になっている糖尿病、高血圧、高脂血症や加齢が進行すれば「昔より効かなくなった」と感じることはあるので覚えておきましょう。それは決してED治療薬の効力が弱くなったわけではありません。また、狭心症のニトロ系(硝酸剤)の治療薬を服用している方や、治療による管理のされていない不整脈の方、6カ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴のある方など、シアリスの処方ができない方もいらっしゃいます。服用される前にご自身に当てはまる項目がないかを確認しておきましょう。

●シアリス錠は性行為をする3~4時間前に服用するようにしましょう。

このページの先頭へ