ED治療薬の効果

重度の疾患がある人を含めても80%以上の有効性があると言われるED治療薬。

健康な人だけで統計を取るとその有効性は実に95% 以上という驚きの数字がでています。

服用することで若い時に戻ったかのような効果を発揮すると言われています。

ただし高い効果を望むためには、ED治療薬の服用のタイミングを間違ってはいけません。

服用する際は完全な空腹時がベストとされており、それ以外の時に服用してしまうとその効き目は一気に下がってしまうので注意しましょう。

ED治療薬はそれさえ守れば高い有効性を持ったお薬なのです。

ED治療薬の働き

勘違いしている人も多いですが、ED治療薬は媚薬や精力剤とは違い勃起をサポートするお薬ということを覚えておきましょう。

別名は「PDE5阻害薬」とも呼ばれています。

勃起は「サイクリックGMP」の働きによって起こります。

この「サイクリックGMP」は筋肉の血管の弛緩することで勃起を促進し維持させます。

しかし、サイクリックGMPは酵素によって分解される性質があります。

勃起状態から通常の状態に戻るときにはこの酵素が多く働きサイクリックGMPの活動を抑制します。

この酵素がPDE-5と呼ばれる酵素となります。

EDとはサイクリックGMPの働きよりPDE-5酵素が多く働いてしまい勃起に到らないということになります。

つまりED治療薬には、このPDE-5酵素の働きを抑制しサイクリックGMPの働きを良くする効果があるのです。

ED治療薬の注意点

ED治療薬を服用する際にはいくつかの注意点があります。

●服用方法

1日1回が限度、また24時間以上の服用間隔をあけるようにしましょう。

●効果の持続時間

お薬の有効成分によって差があります。現在有効な成分は3種類ありそれぞれ効果の即効性や持続時間が違うので、使用前にしっかりと勉強しておきましょう。

●食事ののタイミング

食事ですがED治療薬は原則食前の空腹時に飲むことをおすすめしています。特にED治療薬で有名なバイアグラは食事の影響をとても受けやすいので空腹時に服用しないと効果があらわれないこともあります。

●持病持ち

ED治療薬には併用禁忌薬があります。血流の促進をさせるED治療薬と一緒に服用してしまうと副作用が強くあらわれ、重篤な場合になることもあります。お薬をお使いの人、持病をお持ちの人は医師などに相談してから服用しましょう。

ED治療薬の副作用

ED治療薬には副作用があります。副作用は主に「顔のほてり」です。

血流を促進するためお酒を飲んだときのような感じになり「顔のほてり」や「目の充血」が起こります。

バイアグラ・レビトラではこの副作用が服用した人の9割に起こるといわれております。

副作用気になる人は服用量を少なく(ピルカッターで割るなど)するか長時間ジワジワ効果があるシアリスをお勧めします。

副作用はほかにも頭痛、鼻づまり、動悸などがあります。

このページの先頭へ