病院で処方してもらう

ED治療薬は日本で認可されているお薬ですが、処方箋が必要になる医薬品のため、ドラッグストアや薬局で手軽に購入することはできません。

購入するにはクリニックや病院などの医療機関で処方してもらうことになります。

この方法の一番のメリットはなんといっても安全性です。

医師に相談し処方されるのでとても安全・安心にED治療薬を購入することができるのです。

ただしED治療薬は、健康保険適用外にあたるため自由診療となります。

そのため、処方箋代、診察代はすべて実費となります。

自由診療のため病院価格が決めることができるため、病院によって金額がかなり変わってきます。

専門の病院が自宅近くにない時は病院までの交通費も掛かってしまいます。

病院で処方してもらうにはお薬の処方箋代+診察代+交通費と考えておきましょう。

個人輸入業者を利用して購入

日本でED治療薬を購入する際は、処方箋医薬品のため病院やクリニック以外での購入はできませんが、これはあくまでも日本で適用される法律であるため海外からの購入であれば問題はありません。

しかし、個人で海外サイトから購入しようとすると言葉の壁や商慣習の違いなどからトラブルが発生してしまう可能性は高いかもしれません。

そのため、海外から購入を考えている人は個人輸入代行業者を利用することをおすすめします。

個人輸入代行はあなたの代わりに海外と取引してくれるサービスです。

ただし、個人輸入代行業者を利用する際には、必ず個人で使用すること、購入量は1か月分までなど、守らなければ違法となってしまうケースが多々あるので注意しておきましょう。

他にもインターネット経由では偽造品の可能性もあるので、少量ずつ購入し安心なサイトを見つけることがよいでしょう。

どちらで購入したほうがいい?

日本でED治療薬を購入する際は、病院で処方してもらうか個人輸入代行を使いインターネットで購入するかのどちらかになります。

はじめて購入を考えている人は、まず病院で処方してもらうことをおすすめします。

特に年配の方や持病を持っている人は、服用することに問題がないかを調べるためにも病院が良いでしょう。

診察時間もそれほど掛からないので安心してください。

ただし、病院で処方されるED治療薬は安くはなく、量もとても少ないのは知っておいてください。

繰り返し病院での処方は金銭的に辛くなってしまいますので、それ以降は個人輸入で購入するのも方法のひとつです。

ED治療薬で有名なバイアグラに関していえば、日本では「50㎎」までしか認可されていませんが、海外では成分量の多い「100㎎」も購入可能です。

また、価格は「50mg」も「100㎎」も大きな変わりません。

個人輸入で購入している人の多くは錠剤をピルカッターなどで半分などにし服用することでコストを抑えながら購入しています。

このページの先頭へ