バイアグラとは…

バイアグラは、世界で初めてのED(勃起不全・勃起障害)治療薬です。

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、ED治療薬といえば「バイアグラ」と言われるほど世界中に愛用者が存在します。

バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、もともと狭心症の治療薬として研究・開発が始まりましたが、第1相臨床試験において、狭心症への効果よりも陰茎の勃起を促進する作用が認められ、1998年にアメリカで「バイアグラ」という名称で販売を開始。

発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになりました。

日本では1999年1月25日にバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。

バイアグラの効果はどういったもの?

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、PDE-5の働きを抑制する効果があります。

これにより、強く作用しすぎていたPDE-5の働きは弱まり、環状グアノシン一リン酸が本来の働きを取り戻します。

その結果、男性器は正常に勃起できるようになるのです。

バイアグラの効果はPDE-5の抑制であり、正常な勃起を補助するためのものです。

飲めばすぐに勃起するというわけではなく、あくまでも正常な働きができるようにする薬であることを知っておきましょう。

バイアグラの注意点と副作用

服用方法・注意点・副作用

1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上。性行為の1時間前に水で服用してください。

水がない場合は、清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。

作用時間は服用してから4~5時間ほどです。

食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、効果自体も半減したりすることがありますので、なるべく空腹時に服用することをお勧めいたします。

バイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」などの症状が副作用としてでることがありますが、あまり心配せず、効果の発現の合図として捉えていただくとよいでしょう。

このページの先頭へ